1. HOME
  2. お知らせ
  3. 弊社の地中熱によるSDGsに対する取り組み姿勢について

NEWS

お知らせ

弊社の地中熱によるSDGsに対する取り組み姿勢について

昨年からマスコミやSNSなどでも頻繁に取り上げられている「SDGs」(エスディージーズ)」とは「Sustainable Development Goals」=持続可能な開発目標の略称です。
弊社のSDGsに対する取り組みについてご紹介します。

弊社では「SDGs」が掲げる17の目標の内

7番目の「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」
地中熱は太陽熱で地面が温められて作られた「クリーンエネルギー」です。
11番目の「住み続けられるまちをつくる」
地中熱を採る「採熱鋼管」は長きに亘って活用出来るインフラと言えます。
仮に新しく家を建て替えても「地中熱」の活用が可能です。
 13番目の「気候変動に具体的対策を」 を積極的に取り組んでいます。
気候変動によって温暖化が進んでいます。猛暑日には全国規模で救急搬送される人が増えています。
暑いから身の危険を感じてエアコンを長い時間稼働させることが多くなりました。
それによって「光熱費が上がる」「ヒートアイランドを増長する」など悪循環になっています。

「地中熱」は未利用エネルギーと呼ばれる脱炭素社会実現に向けて、
「水力」「風力」「太陽光」「太陽熱」「バイオマス」「地熱」に並ぶ
これから積極的に活用することが望まれる重要なエネルギーです。
しかし「地中熱」に関しては、一般には知名度もなく理解されていない現実があります。

「地中熱」は地下10〜20m付近の約15℃で安定している熱エネルギーを活用することに良って
24時間365日安心・安全・安定して、外気温に左右されないエアコンを稼働させる仕組みです。
つまり温暖化がすすむ今、猛暑日でもエアコンの効きが悪くなったりしません。
寒い時期でも、温かい居住環境を提供致します。
しかも、室外機には嫌な熱風を排出するファンが無いため、ヒートアイランド現象の抑止に繋がるほか
深夜に稼働していても騒音でご近所迷惑にならない特長があります。

是非ともみなさまからのご理解・ご支援を賜り、「採エネルギーの家」の普及に努めていく所存です。

最新記事